MENU

カスタムバイクを少しでも高く売るコツ

バイク王

バイク王でカスタムバイクは買取ってもらえる?

バイク王でカスタムバイク買取

バイクを売るときに気になるポイントのひとつが「カスタムパーツの評価」です。 バイク王は基本的にどんなバイクも買取るスタイルなので、アフターパーツを装着したバイクももちろん買取可能です。

ただし、カスタムに掛かった費用がそのまま買取価格に反映されることはまずありません。 仮に改造費に30万円掛かっていたとしても、評価されたところで一割程度がいいところ。 それどころかカスタムの仕様によってはマイナス査定になることも少なくありません。

中古でバイクを買う人の立場になって考えれば分かることですが、 同じ値段のバイクを買うなら前オーナーの趣味が色濃く残っているバイクより、ノーマル状態のバイクの方が買いたくなると思いませんか?

購入してから取り付ける予定だったパーツなら「ラッキー!」と思うかも知れませんが、 外装パーツのカラーリングやエンジンなど、ノーマルでいいと思っている部分に手を加えられていると嫌なものです。

従ってカスタムパーツは可能な限りノーマルに戻して売った方がバイクそのものの価値で売ることができます。 ちなみに旧車など古いバイクになるほどノーマルの方が好まれる傾向にあります。

純正パーツがあれば用意しておく

純正パーツ

カスタムしたバイクをノーマルに戻す時間がない場合は、ノーマルパーツを準備しておくだけでも大丈夫です。

「戻そうと思えばいつでもノーマルにできる状態」にしておけば、次に買う人の選択肢も広がるので問題ありません。

ただし、ノーマルパーツの保管状態が悪くサビていたり、劣化が激しい場合はマイナスになります。

いずれにしても交換用のノーマルパーツがある場合は、バイク王の出張買取を申込む際に申し出ておくといいでしょう。

カスタムパーツのみバラして売った方がいい?

実はカスタムバイクを一番高く売れるのがこの方法。

カスタムパーツを装着したまま買取に出すのではなく、バイクはノーマル状態に戻して売る。 そして外したカスタムパーツは単体でネットオークションに出品するのです。

この方法であれば商品の出品や発送の手間は掛かるものの、そのパーツを「欲しい!」と思う人に直接売ることができるので、 バイクに装着したまま売るよりもトータルで高く売れることになります。

一般的なアフターパーツの落札例として、社外マフラーの落札価格を表にしてみました。

●社外マフラーのヤフオクでの落札価格例

最安 平均 最高
Ninja250 スリップオン 3,000円 22,957円 74,800円
Ninja250 フルエキ 2,000円 28,577円 48,800円
CBR250R スリップオン 500円 16,978円 33,800円
CBR250R フルエキ 15,000円 43,260円 100,000円

※金額は2016年12月21日現在のデータです。 実際の数値と異なる場合があるのでご注意ください。



©バイク王【最新版】無料お試し査定とバイク買取