MENU

バイクの傷やヘコみは査定に影響する?

バイク王

バイクの傷やヘコみは査定に影響する?

傷や破損した部分があるバイク

バイクの買取を依頼するときに、車体に傷がついていたりすると、 「修理してから売った方が高くうれるのでは?」と思うかも知れません。

そのまま買取に出すと査定スタッフの印象が悪くなり、 「傷がついているのでマイナス5万円です」とか言われるんじゃないかと心配になる気持ちもわかります。

しかし、結論から言えば「自分で直せる程度のものなら直し、修理屋に出さなければ直らないものはそのまま売る」 とうのがベストです。

例えばタンクについた小傷程度であれば、自分でコンパウンドで磨いたりすれば目立たなくなります。 しかし、大きな傷やヘコミはどんなに綺麗に修復しても、査定スタッフは「ココを修理しているな」と見抜いてしまいます。

また、バイク王のような買取専門店は修理業者と提携していることが殆どです。 提携している修理業者は個人から依頼されるより安く修理を行うので、 仮に修理代分を査定からマイナスされたとしても、自分で修理に出すより安く済むことになります。

動かないときや劣化の酷いバイクはどうする?

修理するとかのレベルではなく、エンジンが掛からなくなったバイクや、放置していた古いバイクを買取って欲しい場合。

この場合でも個別のパーツに価値があれば買取ってもらえる場合もあります。 仮にわずかな金額しかつかなかったとしても、そのまま置いておくと保管場所が必要になるので売った方がお得です。

また、動かないバイクだからこそバイク王の出張買取サービスが便利です。 エンジンが掛からないバイクを自分でトラックに載せてスクラップへ持っていく手間を考えると、 自宅まで買取に来てくれる出張買取サービスは非常に便利です。

もしバイクのパーツに価値のあるものが一切なく、 引き取りに費用が掛かる場合でも自分でスクラップに持っていくより安い場合が多いです。



©バイク王【最新版】無料お試し査定とバイク買取