MENU

バイクはどう売れば有利なのか

バイク王

バイクはどう売れば有利なのか

バイクの売り方

バイクを売る方法は大きく分けて3つあります。

ひとつめにネットオークションで売る方法、次にバイク販売店で売る方法、最後にバイク王などの買取業者へ売る方法です。 これらの3つの方法にはそれぞれメリット、デメリットがあります。調べてまとめてみました。

■ネットオークションで売る方法

ネットオークションで売るメリットは、「上手に売れば高く買い取ってもらえる可能性がある」という点です。 特に改造してあるバイクや原付バイク(50㏄)はネットオークションで売ると買取店より高く売れることがあります。

デメリットとしては写真を撮ったり、バイクの情報をまとめたりと出品に手間がかかるという点。 また手数料がかかったり、個人的な取引なのでトラブルが起こる場合も。 そのため、オークションの出品に慣れていない人にはおすすめできません。

■バイク販売店で売る方法

新しくバイクを買う場合は、下取り的な感じでバイク販売店に買ってもらうと手間がかかりません。 バイクを購入するお店で買取ってもらえば、購入・買取が一度でできるので手間も掛かりません。

デメリットは買取価格が安いという点。 何故なら、販売店からすれば新しいバイクの値引きを大きくした場合は、今乗っているバイクの買取を安くすればいい訳です。 買取を高くした場合はその逆。このように販売と買取の両方で利益が出るようにバランスを取っているので、高い値段がつきにくくなります。 高く売りたい場合は販売店で売らないほうがいいですね。

■バイク王などの買取業者に売る方法

バイクを査定をしてもらって売る方法です。
オークションに比べると高くは売れませんが、早く確実にバイクが売れることと、バイク販売店よりは高く売れやすいことがメリット。

デメリットは思い通りの値段で売れないことでしょうか。 買取業者側はなるべく安く買取りたいので、最初から高い査定を出して来ないケースが多いです。 希望の値段で売るコツとしては買取業者同士を競合させるか、最初に「○○万円で売りたい」と売りたい値段を伝えて査定してもらうといいようです。

バイク買取一括査定には要注意

バイクを売る方法を比較してみると、やはりバイク王などの買取業者に依頼する方法が一番確実で手軽です。 ただし、バイク買取業者はたくさんあるため、「どの買取業者に頼めばいいのか分からない」という人も多いはず。

そこで複数のバイク買取業者に一括査定を依頼する方法があるのですが、 業者ごとの買取相場が分かる反面、買取一括査定ならではのデメリットもあるので注意が必要です。

バイク買取一括査定は数多くのサイトでも紹介されており、その中でも買取一括査定をお勧めしている記事も多いと思います。 そこで一括査定のサイトを見てみると、バイク王をはじめとする提携買取業者の名前がズラリと並んでおり、「○社から一括査定OK!」などと謳われています。

一括査定サイトから売りたいバイクの情報を送信すると、これら提携買取業者から査定の目安が返信される仕組みなのですが、 すべての買取業者から返信があるわけではありません。

送信したバイクの情報を見て「ウチでは買取れない」と判断された場合は何の連絡もないのです。 なのでバイクの車種や状態によっては「10社に送信したのに返信があったのは2社のみ」というケースもあります。

また、提携買取業者の中には名前を聞いたこともないような業者も含まれています。 このような中小規模の買取業者にしてみれば、一括査定はバイクを買取れるチャンスです。 普通ならバイク王などの大手に流れてしまう中古バイクを、何とか買取ろうと高い査定を出してきます。

しかし、ネットでの査定額が高いからと買取を依頼すると、トラブルになりやすいのがこの手の買取業者。 実際に呼ぶとネット査定より安い買取額を提示されたり、「売らない」と言ってもなかなか帰らないなどの話はよくあります。

買取業者の立場になって考えてみればネットに広告費を支払って、人件費も掛かっている。 大手にくらべるとバイクを買取れる機会も少ないため、簡単に引き下がれるはずもありません。



©バイク王【最新版】無料お試し査定とバイク買取