MENU

CB250F

バイク王

CBRと共通のクセのないエンジン

CBRがベースだが、こちらはネイキッドスタイルにバーハンドルを採用。
ややアップライトなゆとりのあるライディングポジションで、 街乗りからツーリングまでオールマイティに使えるバイク。

エンジンは扱いやすさに定評のあるCBRと共通の単気筒DOHC4バルブ。
フィーリングは日常域にパワーバランスが置かれていることと、 ハンドリングの軽快さも相まって扱いやすさはCB250Fの方が上の印象。

目線が高いことで視界も良好で走っていて爽快感がある。
燃料計やタコメーターが一体となった大型の液晶デジタルメーターも視認性がいい。

CB250Fのおすすめポイント

  • CBR250Rベースの軽快な走り
  • コンパクトで取り回しがいい車体
  • 市街地での走りやすさ

幅広い年齢層から人気のCB250F

デビューが2014年8月とまだ新しいため中古車として出回っている数は少なめ。
当然新しいだけによほど状態が悪くなければバイク王でもいい査定が期待できる。

中古車として出回っているものでも走行の少ない新車同様のものが殆ど。
個体による値段の差もあまりないのでお買い得感はあまりない。

それでも店頭に並ぶとすぐ買い手が見つかることが多いそうで、 このあたりにCB250Fが幅色い層から支持されていることが感じられる。

CB250Fの主要装備とスペック

デジタルメーター
ABS
ABS搭載モデルのみ
収納スペース
リアシート下に缶コーヒー3本分程度のスペース


ABS付きとABS無しの2モデルのみのシンプルなラインナップ。
査定ではややABS付きが有利になるが、現状は新しいこともあり大きな差はない。

スペック
全長×全幅×全長 2035mm×760mm×1045mm
シート高 780mm
排気量 249cc
最高出力 29ps(21kw)/9000rpm
最大トルク 2.3gm(23Nm)/7500rpm




©バイク王【最新版】無料お試し査定とバイク買取