MENU

ニンジャ250

バイク王

Ninja兄弟末弟のおそるべき実力

カワサキ Ninja 250 は、言わずと知れた日本のバイクメーカーカワサキの市販バイク公道最強を競うNinjaシリーズの最小排気量のバイクです。

もちろん世界最速が伺えるのは長男のNinja 1000 ABS ですが、末っ子のNinja 250もその名に恥じない素晴らしいバイクに仕上がっております。

フルカウルで楽にスピードを出せるフォルムにちょうどよい高さのハンドル位置、兄貴分同様にスポーツツアラーとしての風格すら感じる仕上がりです。

外観の特徴である2眼ヘッドライトは非常に精悍な顔つきで、いい意味でのカワサキらしさが出ていると思います。

エンジンは2気筒で最大出力31PS/11,000rpm、とライバル車のYZF-R25の単気筒エンジンには若干劣りますが、公道で楽しむに十分なエンジンと言えるでしょう。

ニンジャ250のおすすめポイント

  • その気にさせてくれるパワーのあるエンジン
  • フルカウルとしては柔軟なハンドリング

シート高は、、785mmとほどよい高さに設定されております。 前述の通りハンドル位置も絶妙な高さに設定されていて、少し走り出しただけで「これはロングツーリングに行ってみたい!」と思わせるポジションといえます。

タンクもそれほどボリューミーではないので、ポジション取りの自由度が高いのもそう思わせる一因かもしれません。

さて、実際にワインディングを走ってみると、2気筒のエンジンが気持ちよく吹け上がり、1万回転を超えてくるとそのエキゾーストサウンドも甲高く響きグイグイ前に進んでいく感じはたまりません。

ハンドリングはポジションが取りやすいだけでなく、ワインディングでの切り返しなどがハンドルを意識せずに体重移動で気持ちよく曲がってくれる感じなのです。

街乗りでは市街地のちょこちょこ切り返さなければならないような場所でも、フルカウルバイクとは思えない感じで扱いやすいのです。相当テストしていい位置にしたんだろうなと実感できます。

さらに、エンジンも先代のNinja 250に比べてすこしトルクフルというか、低速でも扱いやすさが増しているといった印象であらゆるシーンで進化を感じることができました。

250ccで車検もありませんし、Ninja 250なら思う存分ぶん回せますし、街中からワインディングまでとても楽しめるバイクに仕上がっております。

ニンジャ250の主要装備とスペック

デジタルメーター
ABS
ABS搭載モデルのみ
収納スペース
リアシート下に二段構造の小物入れ。フリースぺースは缶コーヒー1本分程度。

人気モデルだけに中古車市場でのタマ数も多め。
それでも現行型の需要は多いのでバイク王でも高額査定が狙える。

ツートンカラーのスペシャルエディションはタマ数が少なく、 ABS付きも含めてプラス査定の対象となる。

スペック
全長×全幅×全長 2020mm×715mm×1110mm
シート高 785mm
排気量 24 9cc
最高出力 31ps(23kw)/11000rpm
最大トルク 2.1gm(21Nm)/8500rpm




©バイク王【最新版】無料お試し査定とバイク買取