MENU

GSR250

バイク王

ライバルよりひと回り大きいGSR250シリーズ

三種類のタイプを展開するスズキGSR250シリーズの中で、最もシンプルなネイキッドモデル。 スポーティさを追求するモデルが多い250ccクラスの中で、ライバルより一回り大きいボディを採用するやや異色の存在です。

単純にスペックだけを比較すると少々物足りない印象も受けますが、 一度乗ってみればコンセプトそのものがライバルとは別なことに気づくと思います。

外観は特徴的な異形ヘッドライトと、大柄なボディラインを演出する肉厚なシートが特徴。 どっしり感のあるスタイリングは、ひと目で長距離走行での安定感や快適性の高さが想像できます。

搭載されるエンジンもピークパワーを重視するものではなく、あくまで日常域での扱いやすさを重視。 低回転域でもトルク感のある走りで、街乗りからロングツーリングまでこなす実力派のバイクです。

GSR250のおすすめポイント

  • 250ccクラスとしては大きな迫力あるボディ
  • 乗り心地が良く長距離移動も快適

GSR250をひと言で表現するならば、「スタンダードで誰でも扱いやすいフレンドリーなバイク」という印象。 大きめのシートと高めのハンドル位置のおかげで、アップライト過ぎない楽なポジションが自然に取れます。

実際に走らせてみると路面からの突き上げが少なく、舗装が荒れた路面を走らせても乗り心地がいいです。 同クラスのフルカウル車と比べてかなりサスが柔らかく設定されており、快適性という意味では一歩抜けています。

エンジンもガツンと来るパワーすら感じないものの、低速域からスルスルとパワーが上がっていく感覚は心地よく、 日常域であればどこからでもパワーが付いてくる感覚です。

シートが厚いせいかエンジンからの振動もあまり感じないので、長距離やタンデム走行でも安定感のある快適な走りが楽しめます。 走りもパワーもいい意味で日常域重視に作られているバイクなので、「速さを求めず、普段使いやツーリングでの快適性を重視」という方におすすめです。

GSR250の主要装備とスペック

デジタルメーター
ABS ×
収納スペース
リアシート下に缶コーヒー1本分程度のスペース。

のんびりツーリングをするのにピッタリなGSR250は、 中古車市場での台数は少ないものの、徐々に注目が集まっている。

中古として人気があるのは2012年発売の初期モデルで、 バイク王販売サービスでも徐々に台数が増加している。

2014年発売のツートンカラーモデルは発売から日が浅く、 中古として出回っている台数はわずか。 いずれも市場では人気があるバイクなので買取り価格は期待できるでしょう。

スペック
全長×全幅×全長 2145mm×760mm×1075mm
シート高 780mm
排気量 248cc
最高出力 24ps(18kw)/8500rpm
最大トルク 2.2gm(22Nm)/6500rpm




©バイク王【最新版】無料お試し査定とバイク買取