MENU

スカイウェイブ250

バイク王

初代スカイウェイブから引き継ぐ高い実用性とパワフルな走り

スカイウェイブ250のおすすめポイント

  • クラス最強の26psを発揮するエンジン
  • フルフェイス2個を入れても余裕がある収納スペース

初代モデルはビッグスクーターブームだった98年に登場。
スポーティな外観と高い実用性を兼ねそろえ大人気となった。

そんな初代登場から17年以上が経過しているが、 スカイウェイブ250は初期型のDNAを引き継ぎながら確実に進化を遂げてきた。

現行モデルはスポーティなフロントマスクとロー&ロングな迫力ボディが印象的。
全長が長いことで生まれるシート下の大きな収納スペースや、 ゆったりとしたポジションと安定感ある走りが魅力だが、 その分やや取り回しが悪く狭い路地でのUターンなどは苦手。

しかし、高級感さえ感じる大柄で重量感のあるボディを、 26psのパワフルなエンジンでグイグイ加速させる感覚は爽快です。

走りを重視するならタイプM

スカイウェイブ250に搭載されるエンジンはクラス最強の26ps。
どちらかと言えば高回転域でパワーを発揮するタイプで、 中低速ではボディの重さもあり多少モタモタ感がある。

ノーマルでも実用には十分な走りだが、パワフルな走りを存分に楽しみたいならタイプMがお勧め。
5種類の走行モードから好みの走りが選べる電子制御CVTに加え、 7速マニュアルモードも搭載しており思いどおりの走りが可能。 ベースグレードより値段はアップするがノーマルATの不満は解消される。

スカイウェイブ250の主要装備とスペック

デジタルメーター ×
ABS ×
ABS搭載モデルのみ
収納スペース
シート下に63リットルの収納スペース。 ヘルメット二つ入れても余裕がある。

カスタムベースとしても人気のスカイウェイブ250。
中古車として流通している車両の多くは2007年以降のモデルです。

バイク王での高額査定を狙うならCVT搭載のタイプMか、 2008年に登場した純正カスタムモデルのスカイウェイブSS。
どちらも中古車市場でベースグレードより高値で取引されている。

スペック
全長×全幅×全長 2270mm×760mm×1225mm
シート高 710mm
排気量 249cc
最高出力 26ps(19kw)/7500rpm
最大トルク 2.5kgf・m(25Nm)/6000rpm




©バイク王【最新版】無料お試し査定とバイク買取