MENU

バイクの洗車方法【ハンドル周り・エンジン】

バイク王

外観をキレイ洗車して好感度アップ!

メンテナンスの第一歩とも言われる洗車。
査定前にバイクをキレイにして大事に乗ってきたことをアピール!
バイク王のスタッフも汚いバイクより少なからず印象がアップするだろう。
そんな査定アップに繋がる洗車術を紹介します。

タンクやハンドル周りの洗い方


キレイに見えても水アカや砂塵が付着しやすいタンクやハンドル周り。
バイクの洗車は上から下へ作業を進めるのがセオリーなので、
まずはメーター周辺やタンクの上の方から洗っていく。
洗い方はまず洗車用のシャンプーを規定の濃度に水で薄め、
スポンジを使ってやさしく洗うのが基本。
タンクを洗うときにスポンジで円を描くように洗うのはNG。
前から後ろへ一定方向にスポンジを動かそう。

エンジン部分の洗い方


まずエンジン部分の洗浄はエンジンが冷めた状態で行う。
熱くなっているエンジンに水をかけるのはNGなので避けよう。
目安として手で触れるほどの温度に冷めているのがポイント。
エンジン部分は走行中に跳ねた泥や油分が付着している。
さらにエンジンフィンの奥にも汚れが溜まりやすいので注意しよう。
エンジンフィンなど細かい部分を洗うにはブラシが有効。
使い古した歯ブラシなどを使って丁寧に汚れを落としていく。


バイク王の査定スタッフも人間なので、
同じスペックのバイクでもキレイな方が印象が良くなるのは当然。
査定は年式や走行距離だけでなく、
「バイクがどのように扱われてきたか」も加味されるのが一般的。
例えば青空駐車で雨風に晒されて保管されてきたバイクより、
屋根付き車庫で大切に保管されてきたバイクの方が査定は良くなる。



©バイク王【最新版】無料お試し査定とバイク買取