バイクの査定や売るときに必要なもの

バイクの査定は「そのバイクがいくらで買取れるか」をチェックするだけなので、 査定だけなら特に準備するものはないのですが、「バイクを売る」となれば以下のものが必要になります。 バイクの査定や出張買取を依頼するときは予め準備をしておき、査定当日はすぐ提示できるようにしておきましょう。

本人名義のバイクなら、所有権を確認するために車検証と自賠責保険証、他には本人確認のための身分証明書と印鑑があれば大丈夫。 もし自分以外の名義のバイク(親や兄弟など家族名義も含む)場合は、別途書類が必要になるので事前に伝えておきましょう。

  • 車検証、軽自動車届済証(126cc以上250cc以下)、標識交付証明書(125cc以下)のいずれか一点
  • 自賠責保険証
  • 身分証明書(免許証・パスポート・保険証・写真入り住基カードのいずれか一点)
  • 印鑑
  • バイクを売るときは名義をチェックしておく

    バイクを売るときに意外と多いトラブルが「バイクの名義が自分以外になっていた」というもの。 例えば家族から譲り受けたバイクや、友人から個人売買で買ったバイクなど、うっかり名義変更せずに乗っていたというケースです。

    他には名義は確かに自分のものなのに、車検証に記載されている名前の字が間違っていたということも。

    どんな事情があるにせよ、他人名義のバイクを本人の許可なく売ることはできません。

    例えばバイク王で他人名義のバイクを売るときは、所有者本人からの委任状と身分証のコピーが必要になり、 所有者に対して「あなたのバイクを売っていいですか?」という意思確認の電話があります。

    自分名義のバイクを売る場合より少し面倒に感じるかも知れませんが、 盗難車の転売など、悪質な犯罪の防止するための対策となっています。

    関連ページ:バイク王【お試し査定】出張買取の評判

    未成年者がバイクを売るときに必要なもの

    未成年者でももちろんバイクを売ることは可能ですが、親の同意があることが条件となります。

    自分でアルバイトなどをして貯めたお金で買ったバイクでも、未成年者の場合は「自分名義のバイクだから」と勝手に売ることはできません。 これはバイクを売ると車種によっては高額な現金が動くため、トラブル防止の意味があると思います。

    バイク買取業者の立場になってみればバイクを買取った後、親権者から「買取をキャンセルしたい」という申し出があったりすると困りますよね。 買取ったバイクを返すだけならまだしも、既に転売済みの場合は大変なことになってしまいます。

    そのため未成年者がバイクを売る場合は、必ずどの買取業者も親権者へのチェックが入るわけです。

    基本的な流れは他人名義のバイクを売るときと同じで親権者への電話による確認と、 バイクを売ることへの同意書、身分証のコピー提出が必要になります。

    未成年者がバイクを売るために必要なもの
    親権者の承諾電話で親権者への同意確認を行います。
    親権者の同意書
    必要事項の記入のうえ、署名・捺印して提出してください。
    親権者の身分証明書のコピー運転免許証、パスポート、保険証、写真入住基カードのうち、いずれか一点のコピー

    未成年者がバイクを売るときは親も立ち会った方がいい?

    親権者の同意さえ確認できれば、バイクの査定や買取に親が立ち会う義務はありません。

    しかし私の経験上、親に立ち会ってもらった方が買取業者に信頼感を与えられますし、 価格交渉を行う上でも未成年者だけで行うより有利に進めることができます。

    これは未成年者に限らず、バイクを売ることがはじめての方すべてに該当することで、価格交渉というのは何度か経験していないと失敗しがちです。

    自分以外の第三者に立ち会ってもらい、提示された金額が妥当かどうかを判断してもらうことは、自分ひとりでバイクを売るより大変心強いものです。