バイクの買取査定に傷やへこみは影響する?

バイクの買取を依頼するときに、車体に傷がついていたりすると、 「修理してから売った方が高くうれるのでは?」と思うかも知れません。

そのまま買取に出すと査定スタッフの印象が悪くなり、 「傷がついているのでマイナス5万円です」とか言われるんじゃないかと心配になる気持ちもわかります。

しかし、結論から言えば「自分で直せる程度のものなら直し、修理屋に出さなければ直らないものはそのまま売る」 とうのがベストです。

例えばタンクについた小傷程度であれば、自分でコンパウンドで磨いたりすれば目立たなくなります。 しかし、大きな傷やヘコミはどんなに綺麗に修復しても、査定スタッフは「ココを修理しているな」と見抜いてしまいます。

また、バイク王のような買取専門店は修理業者と提携していることが殆どです。 提携している修理業者は個人から依頼されるより安く修理を行うので、 仮に修理代分を査定からマイナスされたとしても、自分で修理に出すより安く済むことになります。

関連ページ:バイク王の評判と口コミ

タンクのへこみはDIYで直すことも可能

「査定には影響ない」と言われても、タンクがへこんだまま査定に出すのが嫌なものですよね。

できれば凹みがない状態で査定に出したいという方には、専用器具を使ってDIYで直す方法がおすすめ。

専用器具と言ってもへこんだ箇所にグルーガン(ホットガン)で接着したボルトを固定し、固まったらネジを回す要領で引っ張り出すというもの。

動画では「ホルツ デントマジック」を紹介していますが、同じような商品はネットで探すと色々出てきます。

値段も2000円から5000円程度で見つかると思うので、タンクのへこみが気になる方にはおすすめの方法です。