バイクを洗車して査定価格アップを狙う

メンテナンスの第一歩とも言われる洗車。

査定前にバイクをキレイにして大事に乗ってきたことをアピール!
査定を担当するスタッフも汚いバイクより少なからず印象がアップする筈。そんな査定アップに繋がる洗車術を紹介します。

バイク王【お試し査定】出張買取の評判

バイクの査定価格がアップする洗車方法【ハンドル周り・エンジン】

キレイに見えても水アカや砂塵が付着しやすいタンクやハンドル周り。

バイクの洗車は上から下へ作業を進めるのがセオリーなので、まずはメーター周辺やタンクの上の方から洗っていきます。

洗い方はまず洗車用のシャンプーを規定の濃度に水で薄め、スポンジを使ってやさしく洗うのが基本。

タンクを洗うときにスポンジで円を描くように洗うのはNG。前から後ろへ一定方向にスポンジを動かしましょう。

バイクのエンジン部分の洗い方

まずエンジン部分の洗浄はエンジンが冷めた状態で行うこと。熱くなっているエンジンに水をかけるのはNGなので避けましょう。

目安として手で触れるほどの温度に冷めているのがポイント。
エンジン部分は走行中に跳ねた泥や油分が付着しているほか、エンジンフィンの奥にも汚れが溜まりやすいので注意しよう。

エンジンフィンなど細かい部分を洗うにはブラシが有効。使い古した歯ブラシなどを使って丁寧に汚れを落としましょう。

バイクの査定価格がアップする洗車方法【足まわり】

頑固な汚れが付きやすいバイクの足周り。マフラーやホイールなどは特に泥汚れが付きやすい。

これらは水で流すだけでは落ちないので、洗車用のシャンプーを使ってボディとは別に用意したスポンジで洗おう。

スポンジを別にするのは付着した砂やジャリでボディに傷がつくのを防ぐためです。

バイクのマフラーの洗い方

マフラーをうときは水の浸入を防ぐため、排気口をガムテープなどで塞いでおきます。

基本的にバイクは雨ざらしでも問題ない作りになっているので、特に神経質になる必要はないのですが念のため。

テープを貼るときはマフラーが冷めてから貼るようにします。

バイクの足周りの洗い方

タイヤなど足まわりの汚れはマフラー同様、ボディとは別のスポンジやブラシを使って落としていきます。

バイクのホイールに多いスポークタイプのホイールは、スポンジで一本づつ洗うのは大変なので、軍手をはめて手で洗うと効率がアップします。

バイクのフェンダー部分の洗い方

意外と忘れがちになりやすいフェンダー部分。

表面はフロントフェンダーは排気ガスや虫の死骸など、様々な汚れが付着しやすいパーツ。

裏側も泥などの汚れが付着しやすいので、ひどい場合は洗剤を多めに使って洗い流します。

バイクの査定価格がアップする洗車方法【ワックスがけ】

シャンプー洗車で汚れを落としてキレイになったら、最後はワックスがけで愛車をピカピカに仕上げましょう。

ワックスは塗装面を保護する役割のほか、パーツの光沢をアップさせてくれるので見た目の印象がアップするため、査定の印象を良くするためには欠かせない作業です。

ワックスは薄く塗り伸ばすのがコツ

ワックスを塗り込む際はついつい厚く塗ってしまいがち。光沢を増したい気持ちはわかるがムラになるので薄付けを心掛けましょう。

塗りすぎは拭き残しの原因にもなるので注意。パーツの中でもメッキパーツは洗っただけの状態より格段に輝きが増しますす。

これらの部分には水アカが付着していることも多いので、水アカ取りが含まれるワックスを使うとキレイに仕上がります。

バイクのワックスを塗ってはいけない箇所

ワックスは愛車をキレイにするアイテムですが、どんな場所に塗っても大丈夫なアイテムではありません。

ブレーキディスクやタイヤへのワックス掛けは特に厳禁!ブレーキディスクに塗った場合はブレーキが利かなくなって大変危険です。

タイヤも同様に油分で滑って転倒する恐れがあります。その他シート部分へのワックス掛けも厳禁です。